サービス一覧

一般的な名刺は、カードサイズの白い厚紙を使っています。
真ん中に名前、下に会社名と連絡先、名前の上に役職名や資格などを書いているものが大多数でしょう。
裏面に会社周辺の地図が載っているかもしれません。
いかにも、会社員の名刺という感じですね。
このような名刺では、なかなか相手の印象に残りににくいでしょう。
もっと自由な考え方で作ることができます。
名前や連絡先だけではなく、趣味や座右の銘、出身地や家族構成を書いている人もいますね。
相手に伝えたいこと、話題になりそうなことを、何でも書いて良いのです。
人より目立って、相手の印象に残る名刺は、どのように作ったら良いのでしょうか。
用紙の紙質、厚みや光沢、色、形は自由です。
決まりきった白い長方形の厚紙でなくても、例えば、銀色に光るタマゴ型でも良いのです。
二つ折りにしたり、半透明のフィルムや、薄くスライスした木を使うこともあるでしょう。
フォントの書体や大きさ、色を変えることもできます。
書道が得意であれば、毛筆で名前を書くとインパクトがあるでしょう。
文字については、書きたいことを詰め込み過ぎないで、大きめで読みやすいものにすることも大切です。